WAN+Way

・・・・・・・人生はOnewayだけど… Wanと一緒に負け犬街道楽しく歩いていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子猫殺し という、コラム

「子猫殺し」という、コラムが日経新聞8月18日 プロムナードという、コーナーに掲載された。執筆者は直木賞作家・「坂東眞砂子」。
内容を簡単に述べると、避妊を動物に強いるのは人間のエゴなので、避妊はしない。
愛している我がペットは可愛がる。
しかし、その愛している我が子(猫)から産まれた子供は生まれたらすぐに崖に突き落として殺している。それを毎年繰り返しているそうだ。
(更にジャーマンシェパード2匹とMIX1頭も飼っているらしい。その犬の子供が死んでいくのもみているようだ。)

正直、この記事を読んだ時、怒りと言うよりも、どうしちゃったの?
日経新聞…!!!という感想が一番にきた。
日経新聞もネットでの反応を感じたのか、販売しているニュースソースから「子猫殺し」は購入出来ないように現在はなっているようだ。
こんなコラムを載せてなにを訴えたかったのか?!
確かに、曜日ごとに担当作家に依頼している都合でこの作家になったのだろうが、内容は有名な作家が書いていればなんでも良いのだろうか。担当者もどうかと思う。

ワタシも避妊・去勢については一時期、悩みました。
保護の件も…
保健所での殺処分も、現代の自然淘汰のカタチなのだろうか…とも考えた時もありました。

しかし、考えすぎると、どんどん話大きく反れていってしまうのだ。

だから、「助けたい」という、ワタシのエゴの元に保護は始まったのかもしれない。
基本は助けたということに、責任を持つ。
ただ助ける(救出)のではなく、その先まで見守る事の出来る環境を里親さんと作る事。
その中に「避妊・去勢」は必要条件でした。

私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。(作家)

保健所に連れて行かれたノアに会いにいった時に、妊娠しているであろう可能性が出たとき。
堕胎手術をさせようかと考えました。
しかし、保健所にいるノアはワタシの所有物(←嫌な言い方でごめんね)ではなかったので、医者に診せる事も出来なかった。
そして、保健所で産まれた6匹。
何日も悩んだ。

?ノアだけを助ける。
?全てが殺されるのを見届ける。
?全て引き取る。

しかし、その中から数匹だけを選択するようなことがワタシには出来なかった。
そして全てを引き取る事にした。

しかし、その上、ワタシは「ハチ」を見殺しにしようとした。
ノアも育児放棄しているし、犬など飼ったことのないワタシには無理だと思いました。
ましてや「足の無いハチ」を引き受けてくれる人など絶対いないと決め付けていました。

ワタシはハチを二度も殺そう(見捨てようと)と考えたことがあります。
1度目は保健所で
2度目は我が家で

けど、生かすことを選択した。
というよりは、ハチが生きることを選択したのだ。

ハチはママのおっぱいに、なかなかありつけない。
体も小さい。吸い付きも悪い。他の子にどかされる。終いにはノアに小屋の外に出される。
諦め半分で哺乳瓶にミルクを作った。
ハチは必死になって食いついた。だけど体力が無いのかやはり上手く飲む事が出来ない。
けど、口はムニュムニュ動いている。
ワタシとハチはそれから頑張ったんだ。

そしていつの間にか、みんなを追い越す程の大きさになった。

ワタシは自分の行動に後悔はない。
それはみなさんの協力のおかげもあって、ハッピーエンドに出来たからだ。
不幸な結果なら…?
きっともう動物とかかわる事はしないだろう。

しかし、この作家はこの出来事を繰り返しているのがひっかかる。

「それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。」 

って・・・殺すのに慣れてしまっていませんか?
悲しみを繰り返す必要がありますか?
アナタの悲しみをワタシは感じるとることが出来ません。

殺すことが解決などと、ワタシは思いたくない。

保健所には愛犬の犬生を考えて、子供を産ませ。
その子供を全て持ってくる人もいる。
時には1匹だけ子供として引き取り、残りは殺す。

そういう、アナタの愛情って何?愛犬って?
その子供はどーでもいいんですか?
banner_04.gif

( ´△`)アァ- また、変な溝に はまっちまった気分だよ。

FC2ブログランキング

プロムナード(日経新聞18日) 子猫殺し―――坂東眞砂子を読む方は続きをクリック↓

[子猫殺し という、コラム]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/22(火) 17:27:34|
  2. 保護物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

ぽちのあ

Author:ぽちのあ
保健所から保護した7匹のワンコ達の成長日記の記録です。母犬『ノア♀』息子の『チャチャ♂』そして里子の『ゴウ♂』『ポッキー♂』『ルディ♂』『オハナ♀』そして足の無い子犬『ハチ♂』
そして…すーさん(Homo s

人気ブログランキング

1日1回クッリクしてねヘU・x・U ワン♪

banner_04.gif

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ちょっと寄り道

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。