WAN+Way

・・・・・・・人生はOnewayだけど… Wanと一緒に負け犬街道楽しく歩いていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子猫殺し という、コラム

「子猫殺し」という、コラムが日経新聞8月18日 プロムナードという、コーナーに掲載された。執筆者は直木賞作家・「坂東眞砂子」。
内容を簡単に述べると、避妊を動物に強いるのは人間のエゴなので、避妊はしない。
愛している我がペットは可愛がる。
しかし、その愛している我が子(猫)から産まれた子供は生まれたらすぐに崖に突き落として殺している。それを毎年繰り返しているそうだ。
(更にジャーマンシェパード2匹とMIX1頭も飼っているらしい。その犬の子供が死んでいくのもみているようだ。)

正直、この記事を読んだ時、怒りと言うよりも、どうしちゃったの?
日経新聞…!!!という感想が一番にきた。
日経新聞もネットでの反応を感じたのか、販売しているニュースソースから「子猫殺し」は購入出来ないように現在はなっているようだ。
こんなコラムを載せてなにを訴えたかったのか?!
確かに、曜日ごとに担当作家に依頼している都合でこの作家になったのだろうが、内容は有名な作家が書いていればなんでも良いのだろうか。担当者もどうかと思う。

ワタシも避妊・去勢については一時期、悩みました。
保護の件も…
保健所での殺処分も、現代の自然淘汰のカタチなのだろうか…とも考えた時もありました。

しかし、考えすぎると、どんどん話大きく反れていってしまうのだ。

だから、「助けたい」という、ワタシのエゴの元に保護は始まったのかもしれない。
基本は助けたということに、責任を持つ。
ただ助ける(救出)のではなく、その先まで見守る事の出来る環境を里親さんと作る事。
その中に「避妊・去勢」は必要条件でした。

私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。(作家)

保健所に連れて行かれたノアに会いにいった時に、妊娠しているであろう可能性が出たとき。
堕胎手術をさせようかと考えました。
しかし、保健所にいるノアはワタシの所有物(←嫌な言い方でごめんね)ではなかったので、医者に診せる事も出来なかった。
そして、保健所で産まれた6匹。
何日も悩んだ。

?ノアだけを助ける。
?全てが殺されるのを見届ける。
?全て引き取る。

しかし、その中から数匹だけを選択するようなことがワタシには出来なかった。
そして全てを引き取る事にした。

しかし、その上、ワタシは「ハチ」を見殺しにしようとした。
ノアも育児放棄しているし、犬など飼ったことのないワタシには無理だと思いました。
ましてや「足の無いハチ」を引き受けてくれる人など絶対いないと決め付けていました。

ワタシはハチを二度も殺そう(見捨てようと)と考えたことがあります。
1度目は保健所で
2度目は我が家で

けど、生かすことを選択した。
というよりは、ハチが生きることを選択したのだ。

ハチはママのおっぱいに、なかなかありつけない。
体も小さい。吸い付きも悪い。他の子にどかされる。終いにはノアに小屋の外に出される。
諦め半分で哺乳瓶にミルクを作った。
ハチは必死になって食いついた。だけど体力が無いのかやはり上手く飲む事が出来ない。
けど、口はムニュムニュ動いている。
ワタシとハチはそれから頑張ったんだ。

そしていつの間にか、みんなを追い越す程の大きさになった。

ワタシは自分の行動に後悔はない。
それはみなさんの協力のおかげもあって、ハッピーエンドに出来たからだ。
不幸な結果なら…?
きっともう動物とかかわる事はしないだろう。

しかし、この作家はこの出来事を繰り返しているのがひっかかる。

「それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。」 

って・・・殺すのに慣れてしまっていませんか?
悲しみを繰り返す必要がありますか?
アナタの悲しみをワタシは感じるとることが出来ません。

殺すことが解決などと、ワタシは思いたくない。

保健所には愛犬の犬生を考えて、子供を産ませ。
その子供を全て持ってくる人もいる。
時には1匹だけ子供として引き取り、残りは殺す。

そういう、アナタの愛情って何?愛犬って?
その子供はどーでもいいんですか?
banner_04.gif

( ´△`)アァ- また、変な溝に はまっちまった気分だよ。

FC2ブログランキング

プロムナード(日経新聞18日) 子猫殺し―――坂東眞砂子を読む方は続きをクリック↓


プロムナード(日経新聞18日) 
子猫殺し         坂東眞砂子
こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。
世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。
動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、
そこに放り投げるのである。
タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。
草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、
野鼠などの死骸がころころしている。
子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。
自然に還るだけだ。
子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。

私は猫を三匹飼っている。
みんな雌だ。
雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。
残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。
当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。
タヒチでは野良猫はわんさかいる。
これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。
避妊手術を、まず考えた。
しかし、どうも決心がつかない。
獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。
その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。
猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。
猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。
だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。
生きるための手段だ。

もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。
飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
しかし、それは飼い主の都合でもある。
子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。
だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
私は、これに異を唱えるものではない。
ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。
そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。
どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。
生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
人は神ではない。


他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。
どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。
生まれた子を殺す権利もない。
それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。
スポンサーサイト

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/22(火) 17:27:34|
  2. 保護物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<【署名のお願いです】中国政府狂犬病に対する処置 | ホーム | 海の帰り道>>

コメント

みなさんへ

みなさんのたくさんのご意見ありがとうございます。
ワタシも犬と出会って間もない身、先輩方のいろいろな意見はワタシがこれから犬とかかわっていく上で無駄なものは何ひとつないと思っています。
ワタシはみなさんに意見を押し付けるようなことはしたくは無いです。
だからこそさまざまな意見を伝えてくださることを感謝しています。
ワタシは自分の愛情が本当のものなのか
正直わからないところもあるのです。
どうしても人間が一番になってしまう。
もし、ワタシが犬だったら首輪もリードも付けられたくないだろう。近所にはノーリードで散歩させているおじさんが2名います。ワタシには出来ないノアやチャチャに逃げられたらワタシが悲しいから。
言い訳に聞こえるかもしれないけど、社会が決めたルールがあるから世間体を気にして守らなくちゃって必死でした。
ノアとチャチャは幸せなのだろうか・・・
昼間は8畳ほどの部屋に閉じ込められ、人間ならば引きこもりよね。
人間は人間の感覚しか無いから、犬に良かれと思って していても本当は犬は嫌なことなのではないか・・・とか・・・
本当、キリがないです。犬と話せたらいいですよね。・・・って現実的じゃない意見でごめんなさい。
本当にいろいろなご意見聞かせてくださってありがとうございます。
  1. 2006/08/24(木) 23:20:48 |
  2. URL |
  3. pochinoa #xNtCea2Y
  4. [ 編集]

ぽちのあさんのブログでこのこと知ってから、いろんなサイトへ行ってみました。
ほとんどの人がこの作家を糾弾しているように、
私もこの作家のしていることがわかりません。
猫は避妊をしないでくれと言うだろうと言ってますが、
じゃあ、子供を殺さないでくれとも言ってると思うんですが…。
産んだ子と急に離された母猫がどんなに辛いか…。
お乳も張るだろうし、何よりも本能として子猫を探すでしょう。
こんなコラムを掲載した日経新聞も考えを疑います。
中国の犬殺傷処分の問題と同様、この問題に対しても、自分が何を出来るか考えさせられます。
  1. 2006/08/24(木) 17:11:42 |
  2. URL |
  3. かおりん #-
  4. [ 編集]

しゃべれない子への処置だからこそ、どんなことにも’敏感’でいるべきだと
思うのです。
相手は人間の判断を100%受け入れるしかないのです。
避妊手術が全て悪いことだとは思っていません。
繰り返しますが、生活上、仕方のない人も多いでしょう。
けれど正当化されるものでもないと思います。

愛護団体等の「正義」の名のもとの避妊手術も、子殺しとある意味同種の、
一方的な人間のエゴや都合に起因しているということを
忘れずにいて欲しいと思うだけです。

避妊手術を、飼うのに楽だから…という理由だけで選択している人はいませんか?
(ぽちのあさんのことを責めてるんじゃないんです)
人間の避妊は体にメスを入れるわけではありません。
痛みや後遺症も残らないし、娯楽としてのsexを楽しむこともできるでしょう。
犬猫への避妊手術は、本能の1つを「丸ごと奪う」ことに他なりません。
子殺しするくらいなら、避妊手術をすればいい…というのは人間側の価値観では
ないですか?
その大きさは違っても、罪は罪だと忘れないで欲しいと思うだけです。

排泄の世話が大変だから、食事を与えなくてもいいという犬猫が作られたら
飼う人は増えるかもしれません。本能の食欲も奪うのです。
いま犬猫を飼って、ガツガツ嬉しそうに食べる姿を見ている人は可哀想だと
思いませんか?
それが避妊手術の場合には感じない人が多いですね。

私はこの作家に同意もできないし、皆さんと同じように怒りも感じます。
ただ、言いたいことは読みとれるのです。
(決して認めませんが)
自分の飼い猫とした以上は、完全な形(全ての本能を残したまま)で飼ってやりたい。
それができないのは死に等しい。
避妊して中途半端な生を与えられた猫ではなく、自分が鬼畜になって
他の死に手を染めてでも、本能を完全に残した状態の猫を飼ってやりたい。
…と。
選ばれし者とそうでない者、の理論なのでしょう。
あまりにも極端ですね。
けれど、私達もどこかでその事を理解して生きています。
人間世界でも中絶という形で、選ばれなかった命があります。
人間は犬猫と違って、成長過程で自立していくことも可能なのです。
なのに、印鑑1つで認められてしまう死です。
最終的には、どう選択し、どこで罪を感じて生きるのか、なのかもしれません。
  1. 2006/08/24(木) 13:23:53 |
  2. URL |
  3. ・・・ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/08/24(木) 11:20:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

エッセイを書いた人は、猫ちゃん達が「子供を産みたいというだろう」と思っているみたいですが、私は、子供を産むのが、幸せなのではなく、子供を育てるのが、幸せなんだと思います。産むだけ産ませて、その子を取り上げて、崖に…なんて、おかしいです。
人間が避妊手術をしないのは、ちゃんと自分の意志で、理性で出産をコントロールできるから。
自分のペットが、人間の母子がするように、命について話し合い、自制する事ができるなら、避妊手術も減るかもしれません。でも、それが出来ないから、避妊手術をしているんです。
 命に関する、しゃべれない子たちへの想いは、本当に色々なんだと思いました。
 でも、私は、子供が産めないからといって、自分のペットに不幸な思いはさせない様に、大切にしてあげたい。
 
  1. 2006/08/24(木) 10:46:15 |
  2. URL |
  3. YUCCI #-
  4. [ 編集]

・・・ #mQop/nM. さんへ

>念仏のように「避妊、避妊」と叫ぶ人にも、この作>家の子猫殺しと同じように
>何かに鈍感になっていませんか?と問いたいです。

けしてそのようなことはありません。
最初にこの子達に出会って、「保護」または、「ボランティア」「レスキュー」などそのような言葉に初めて出会い、大抵の里親サイトなどは「避妊・去勢」を絶対としています。
当初は戸惑い理解できませんでした。
(本当に犬のこと なにも知らなかったんですね)

「避妊・去勢NGの希望者」を、意見があいませんね。では、「さようなら」とせず、相手の意見を何度も聞きにいき、話し合いました。

一度は考え悩んだあげく、避妊をすることを決めたというのに、ノアを手術をする寸前まで悩みました。
手術も全て立会い、どんなにノアにとって大変なことなのか少しでも解ろうと自分なり努力もしたつもりです。
確かにヒート中、チャチャとノアを別々にすることが出来たらよいのですが、100%の自信もありません。
ほんの数分目を離した隙に野良犬にかかられてしまって妊娠したケースはワタシの周りでもたくさんあり、ましてや、親子同士でそのようなことになってしまうのはどうしても避けたかった。
>避妊手術も、人間の子にはしませんね。
そうですね。けど、性教育をして避妊方法を教え理解させることが出来ます。
そして、「理解できた」という、返事を子供の口から聞くことは出来ます。
しかし、犬には無理です。
ましてや一度妊娠を経験したノアはオスを受け入れてしまうのではないかと思ってしまいます。
全て話し合うことも出来ないので想像になってしまうのですけどね。。。

犬はほんのこの25年ほどで取り巻く社会が変わってしまった動物だなと思います。
今はすぐに保健所ですものね。
昔は野良犬が生きていけた世の中でしたが、今はノアのように何も悪いことをしていなくてもすぐに通報されます。
まぁその通報にもそれぞれの意味があるとは思いますけど。

いろいろ話はそれましたが、「鈍感」になっているつもりはありませんよ。
  1. 2006/08/24(木) 02:52:27 |
  2. URL |
  3. pochinoa #xNtCea2Y
  4. [ 編集]

避妊手術も、人間の子にはしませんね。
それをペットだからするというのも、所詮自分のモノだと思ってる証拠のような…
避妊=子猫殺し では決してないけれど、避妊手術で生を回避する人が
一方的に責めるのも少し違うような気もする…
ヒート中にきちんと管理する等、飼い主が責任さえ持てば、どちらもせずに済むのです。
生活上、それができないというならせめて「申し訳ない」という気持ちは持っていて欲しい…
念仏のように「避妊、避妊」と叫ぶ人にも、この作家の子猫殺しと同じように
何かに鈍感になっていませんか?と問いたいです。
  1. 2006/08/24(木) 02:20:51 |
  2. URL |
  3. ・・・ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

この人は、悪魔?

偶然このHP見ました
この人悪魔?
こんなの人間の資格ないよ!
と、怒りを覚えました。
確かに避妊は‥
と、言う人もいるけど
ちゃんと生まれた子猫は育ててあげないといけないと思います。
その子の命はその子のであってこの作家の好きにしていいものではありません。
まして避妊は殺す事と同じではありません。
タダのワガママ
これが人間の子だったらしませんよね
つまりいくら可愛くても所詮自分のモノだと思っている証拠。
今いる猫も邪魔になったら捨てるんじゃないの
そういった人は生き物飼う資格ないと思います!
  1. 2006/08/24(木) 01:00:33 |
  2. URL |
  3. わかな #X5ZPJSZk
  4. [ 編集]

はじめまして☆

マロさんとこから飛んで来ました。
はじめまして、よろしくお願いします。

ぽちのあさんの行動、とても勇気のあることだと思います。
犬と暮らした経験のある私も、最初は躊躇したと思います。でも、ぽちのあさんのようにできただろうか?
そして、最悪の結果の場合、私は二度とイキモノを飼わないとも思います。
どの子も、笑顔がステキですよね☆
愛情たっぷり!ハッピー!の証拠ですね。

それにしても、このエッセイストは・・・
自分の飼う動物でさえも本当に愛しているのかさえ疑問です。
  1. 2006/08/23(水) 14:44:06 |
  2. URL |
  3. ロータス #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pochinoa.blog66.fc2.com/tb.php/124-143afeb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぽちのあ

Author:ぽちのあ
保健所から保護した7匹のワンコ達の成長日記の記録です。母犬『ノア♀』息子の『チャチャ♂』そして里子の『ゴウ♂』『ポッキー♂』『ルディ♂』『オハナ♀』そして足の無い子犬『ハチ♂』
そして…すーさん(Homo s

人気ブログランキング

1日1回クッリクしてねヘU・x・U ワン♪

banner_04.gif

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ちょっと寄り道

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。