WAN+Way

・・・・・・・人生はOnewayだけど… Wanと一緒に負け犬街道楽しく歩いていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子猫殺し という、コラム

「子猫殺し」という、コラムが日経新聞8月18日 プロムナードという、コーナーに掲載された。執筆者は直木賞作家・「坂東眞砂子」。
内容を簡単に述べると、避妊を動物に強いるのは人間のエゴなので、避妊はしない。
愛している我がペットは可愛がる。
しかし、その愛している我が子(猫)から産まれた子供は生まれたらすぐに崖に突き落として殺している。それを毎年繰り返しているそうだ。
(更にジャーマンシェパード2匹とMIX1頭も飼っているらしい。その犬の子供が死んでいくのもみているようだ。)

正直、この記事を読んだ時、怒りと言うよりも、どうしちゃったの?
日経新聞…!!!という感想が一番にきた。
日経新聞もネットでの反応を感じたのか、販売しているニュースソースから「子猫殺し」は購入出来ないように現在はなっているようだ。
こんなコラムを載せてなにを訴えたかったのか?!
確かに、曜日ごとに担当作家に依頼している都合でこの作家になったのだろうが、内容は有名な作家が書いていればなんでも良いのだろうか。担当者もどうかと思う。

ワタシも避妊・去勢については一時期、悩みました。
保護の件も…
保健所での殺処分も、現代の自然淘汰のカタチなのだろうか…とも考えた時もありました。

しかし、考えすぎると、どんどん話大きく反れていってしまうのだ。

だから、「助けたい」という、ワタシのエゴの元に保護は始まったのかもしれない。
基本は助けたということに、責任を持つ。
ただ助ける(救出)のではなく、その先まで見守る事の出来る環境を里親さんと作る事。
その中に「避妊・去勢」は必要条件でした。

私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。(作家)

保健所に連れて行かれたノアに会いにいった時に、妊娠しているであろう可能性が出たとき。
堕胎手術をさせようかと考えました。
しかし、保健所にいるノアはワタシの所有物(←嫌な言い方でごめんね)ではなかったので、医者に診せる事も出来なかった。
そして、保健所で産まれた6匹。
何日も悩んだ。

?ノアだけを助ける。
?全てが殺されるのを見届ける。
?全て引き取る。

しかし、その中から数匹だけを選択するようなことがワタシには出来なかった。
そして全てを引き取る事にした。

しかし、その上、ワタシは「ハチ」を見殺しにしようとした。
ノアも育児放棄しているし、犬など飼ったことのないワタシには無理だと思いました。
ましてや「足の無いハチ」を引き受けてくれる人など絶対いないと決め付けていました。

ワタシはハチを二度も殺そう(見捨てようと)と考えたことがあります。
1度目は保健所で
2度目は我が家で

けど、生かすことを選択した。
というよりは、ハチが生きることを選択したのだ。

ハチはママのおっぱいに、なかなかありつけない。
体も小さい。吸い付きも悪い。他の子にどかされる。終いにはノアに小屋の外に出される。
諦め半分で哺乳瓶にミルクを作った。
ハチは必死になって食いついた。だけど体力が無いのかやはり上手く飲む事が出来ない。
けど、口はムニュムニュ動いている。
ワタシとハチはそれから頑張ったんだ。

そしていつの間にか、みんなを追い越す程の大きさになった。

ワタシは自分の行動に後悔はない。
それはみなさんの協力のおかげもあって、ハッピーエンドに出来たからだ。
不幸な結果なら…?
きっともう動物とかかわる事はしないだろう。

しかし、この作家はこの出来事を繰り返しているのがひっかかる。

「それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。」 

って・・・殺すのに慣れてしまっていませんか?
悲しみを繰り返す必要がありますか?
アナタの悲しみをワタシは感じるとることが出来ません。

殺すことが解決などと、ワタシは思いたくない。

保健所には愛犬の犬生を考えて、子供を産ませ。
その子供を全て持ってくる人もいる。
時には1匹だけ子供として引き取り、残りは殺す。

そういう、アナタの愛情って何?愛犬って?
その子供はどーでもいいんですか?
banner_04.gif

( ´△`)アァ- また、変な溝に はまっちまった気分だよ。

FC2ブログランキング

プロムナード(日経新聞18日) 子猫殺し―――坂東眞砂子を読む方は続きをクリック↓

[子猫殺し という、コラム]の続きを読む

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/22(火) 17:27:34|
  2. 保護物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

星になった少年 と 犬嫌い

久し振りにDVDを借りてきて見た。
なぜ、この映画を選んだかというと、動物モノという点からと、
この主人公「哲夢」はTCさんの幼い頃からのテニス友達だったからだ。
去年公開した時に

「この哲夢って子、TCさんの友達なんでしょ?レイトショーとかで映画見に行く?」

と誘ったが行かずにそのままになっていたからだ。
TCさんの性格上、昔話に関わらないでいたいのかとワタシも思い、それ以上は触れなかった。
映画の内容は知らないし、どんな付き合いがあったのかも本人の口から聞いたことも無い。
しかも、映画化されるまで本になっていたことなども知らなかった。
ただ、結末は哲夢が亡くなることだけは知っていた。。。 

TCさんのお母さんは哲夢のことがとても気に入っていたらしく、
よく哲夢の昔話を聞かされていた。

「タレント動物を扱っている所の子でね、いろんなことがあってちょっと不良っぽい 
ひねくれた子に他では思われていたらしいのだけど、
格好良くて?シャイなところがまた可愛くてね…」

と、笑顔で話していた。
そして一番印象に残っているエピソードがある。
それは、哲夢が亡くなる前日に、ウチのテニスクラブに訪れた哲夢。

「あら??どうしたの?久し振りね。元気にしてた?お母さんも元気にしてるかしら?」

「うん。元気だよ。なんとなく近くに来たからさぁ。おばさんも元気そうだね」

「今日はテニスしていくの?」

「ううん。今日はいいんだ。また来るよ。バイバイ」
ほんの数分間の会話でテニスクラブを後にした。 

そして翌日、厨房の学校によくあるタイプの掛け時計が落ちたのではなく、

前に飛んで落ちた。

時計は壊れて止まった。

その時刻が哲夢の亡くなった時間… 

TCさんのお母さんは昨日の突然の訪問も、

時計が飛んできた事も何かの意味があると感じているようだ。

ワタシも「虫の知らせ」ってやつかな…と思った。

 

DVDを一緒に見ようとTCさんを誘ったのだが、各自 見ることになった。 

TCさんの感想

「本当に この映画実際と同じだよ。
柳楽優弥って俳優も哲夢に似ているなぁ。
けど、哲夢のほうがもっと、ハーフっぽくてかっこいい。ねえちゃんも雰囲気出てるし。」
と珍しくワタシに話しかけた。
映画の内容よりTCさんにとってはどう描かれているかの感想みたいです。 

まぁ、、、そうですよね。お話はリアルに知っているのですから。 

そんで…ドサクサ紛れに…
「でさ、動物と関わる人をどう思う?」
と聞いたら無言… 

しばらくしてから…

「わざわざ、率先してかかわる事はないと思う。」 

「じゃぁさ、哲夢はゾウと関わったから早死にしたって思う?」 

「別にそういうわけじゃなくてさ、命あるものに関わるには覚悟がいるってこと。
ましてや犬なんかはお前より早く死ぬだろ。そういうの…苦手なんだ。」 

TCさんはチャチャなら飼ってもいいと言った。
但し条件は外飼いだ。
ノアだけを飼うのは反対。
なぜかノアが大嫌いなのだ。

本人は「オンナは嫌いだ」と言っているが…意味がわからない。。。

だからノアの里親が見つからない限り、チャチャを募集できない状態に陥ってしまっていたのだ。(あとは偶然チャチャ=トラブルという図式も出来ていたため)

 

「けどさ、チャチャの里親探し、早く再開しないと大きくなってしまうし、
新しい家族が見つかる可能性はどんどん低くなってくるのよ。
本当に居ていいの?居るってことは、ノアも一緒ということだよ。
本当に理解してくれていますか?!」 

「とにかく 外のスペースならいい。

俺は犬には関わらない。

いいって言ってるんだ。

しつけぇーオンナだな。

何度も同じ事言わせるな。」 

…… 

これって、うちら…3匹 居て本当に いいのかな? 
( ´△`)アァ- まじ 
わかりぃ TCさん。


banner_04.gif

オトコココロがわからんゾウぉ?すーさんならわかるかなぁ?ポチポチしてね♪

FC2ブログランキング
チャチャゾウ

象より大変じゃないはず・・・よね?チャチャ・・・( - ゛-) ・・・
  1. 2006/08/10(木) 15:20:33|
  2. 保護物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

中国政府狂犬病に対する処置

このようなニュースを見つけました。

狂犬病 (またはは日本では1956年の6頭の犬の発生を最後に、1970年にネパールで犬に噛まれた青年が帰国後発病死した1件を除き、今日まで、狂犬病の発生を許していません。

その他の諸国ではまだ狂犬病は存在するのですね。

しかしながら、飼い主の前で撲殺する中国政府のやり方には反感を覚えます。

以下ニュースソースです。

 

犬5万匹近くを一斉処分 狂犬病対策で中国

 【北京31日共同】中国雲南省の牟定県政府は31日までに、狂犬病対策で軍用犬を除く県内の犬約5万匹の一斉処分に乗り出し、90%以上を殺したことを明らかにした。中国各紙が同日報じた。
 雲南省の地元紙「生活新報」によると、同県当局は4月以降、県内で住民3人が狂犬病で死亡した事態を重視。公安局長をトップとした犬退治専門のチームを組織、処分に着手した。飼い主への補償金は1匹当たり5元(約72円)。当局者は「適切な措置だ」と話している。
 同チームは飼い主が散歩に連れ出した犬やマイカーに乗せられた犬などを徹底的に“摘発”。「この犬は家族の一員。見逃して」と泣きながら哀願する女性飼い主の前で、愛犬がこん棒で殴り殺される様子などを各紙は伝えている。

(共同通信) - 8月1日0時2分更新

 

5万匹、県内の98%を一斉処分=狂犬病対策で容赦なく?中国雲南省

 【北京1日時事】新華社電によると、中国雲南省牟定県が、県内の犬の98.8%に当たる5万4429匹を殺す一斉処分に乗り出している。県は流行の恐れがある狂犬病対策を理由にしているが、容赦ない手段に内外で批判が高まりそうだ。 

(時事通信) - 8月1日7時1分更新 

 


目の前で殺された飼い主の気持ちは想像もつかないほど
悲しく
恐ろしい

状況だったと思います。
このようなやり方しか無いのでしょうか・・・

理解が出来ません。。。。

banner_04.gif

FC2ブログランキング
[中国政府狂犬病に対する処置]の続きを読む

テーマ:ペットの悩み - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/01(火) 14:19:35|
  2. 保護物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

プロフィール

ぽちのあ

Author:ぽちのあ
保健所から保護した7匹のワンコ達の成長日記の記録です。母犬『ノア♀』息子の『チャチャ♂』そして里子の『ゴウ♂』『ポッキー♂』『ルディ♂』『オハナ♀』そして足の無い子犬『ハチ♂』
そして…すーさん(Homo s

人気ブログランキング

1日1回クッリクしてねヘU・x・U ワン♪

banner_04.gif

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ちょっと寄り道

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。